【Mac純正App】画像を表示するプレビューは意外にも色々機能がある話

【Mac純正App】画像を表示するプレビューは意外にも色々機能がある話

2019年2月25日
Business

こんばんは、ZAKIです。

 

今回はMacユーザー向けの記事です。

 

 

Macで画像ファイルを表示する時、デフォルトでプレビューというアプリが起動しますよね。

プレビューは意外にも機能性があるアプリケーションでした。

↑ピンクの枠で囲んであるコレです

 

 

 

例えば

スケッチ機能:四角い枠を画像に貼り付けて、説明する際の強調に。

 

 

 

使い方

Macでは、画像を開くとプレビューというアプリが起動します。

次に、上にマークアップというボタンがあるので、それを押します。

 

 

 

マークアップというボタンを押すと、いくつかのボタンが表示されます。

 

 

プレビューでどんな事が出来るのか、簡単にまとめてみました。

 

 

トリミング

→画像を切り取ってリサイズする機能

 

インスタントアルファ

→背景を透明にする機能

 

スケッチ

→線や図を書ける(描いた線は自動で読み取られて変換されます)

 

シェイプ

→図を描ける(スケッチと似て異なる)

 

テキスト

→文字入力機能(Officeで言うテキストボックス)

 

署名

→トラックパッドでサインを書ける機能

※トラックパッドを用いて書いたサインを画像に貼り付けられる

 

カラーを調整

→画像のカラー調整を行う機能

 

画像を調整

→縦横のサイズや比率等の調整を行う機能

 

 

 

最後に

わざわざ一つの作業のために新しいアプリケーションをインストールよりも、既存のアプリケーションで事を済ませられるのは嬉しいですよね。

ぜひ、ご参考にしていただけたらと思います。

 

 

 

PAGE TOP