【求人検索の革命】Google for jobsで簡単に求人を見つけられるようになる

【求人検索の革命】Google for jobsで簡単に求人を見つけられるようになる

2019年1月3日
Business

こんにちはZAKIです。

 

 

 

今回は「Googleが求人検索サービスを開始する」という個人的ビックニュースについての記事です。

例えば「新潟駅から東京駅」や「新潟 居酒屋」と検索すると下記の画像のような検索結果になります。

 

 

[“新潟駅から東京駅”の検索結果]

 

 

[“新潟 居酒屋”の検索結果]

 

 

このように、アプリを使わずにブラウザで検索するだけで知りたい情報を提示してくれますよね。

これの求人検索版が、今月にも日本で開始されるようです。

すでに海外ではサービスがリリースされていて、「求人へのエントリー率が4.5倍になった」という話もあるようです。

 

 

企業側(採用する人)

→求人サイトを利用しなくても採用したい人材を見つけられる

 

ユーザー(求人を探したい人)

→より簡単に、自分が求める求人を見つけられる

 

 

ようになります。

(海外ではすでにそうなっています)

 

現在はまだリリースされていないため、具体的な画像を載せる事が出来ませんが、テスト期間にサービスを利用された方が多数いるようです。

MarineRoadの大柄さんが執筆された記事で、具体的な求人検索結果の画像が確認できます。

 

 

企業側:どうやってGoogle for jobsに求人を表示するか?

サイトの構造を変える必要があるようです。

まだ勉強中で詳しくご説明できませんが、マークアップの内容を変更して検索に引っかかりやすいように対策を行います。

他にもGoogle for jobsに対応している求人サイトに求人掲載を行う方法があります。

しかし、前者の対策をするだけで検索トップに出てくるようになったら広告コストがグンと下がります。

求人広告会社の恐るべきライバルですね。

※メモに書いたコード:ここで求人の詳細をマークアップ(書き込む)します。

 

 

 

ユーザー:どうやって求人を調べるのか?

普段検索をするように「◯◯◯ 求人」等と調べると出てくるようになります。

BDやAIによって最適な情報を教えてくれます。

さすがユーザーライクなGoogleさんです。

ただ、現在日本ではまだサービスが開始していないので、待ちの状況です。

 

 

 

最後に

冒頭でご説明したように、最近のGoogleは検索結果のトップをみるだけで、ある程度知りたい情報を入手できます。

これはわざわざサイトを覗かなくても良い=サイトのリンクを踏ませないという事です。

検索結果の上位に表示させるためにSEO対策というものがありますが、今後は「〇〇〇さんのサイトだからみたい」と思わせるブランディングが必要になります。

小手先じゃGoogleには敵わないという事です。

 

 

 

PAGE TOP