【Webで稼ぎたいと考えている方へ】Webマネタイズの本質

【Webで稼ぎたいと考えている方へ】Webマネタイズの本質

2019年1月25日
Business

こんにちはZAKIです。

 

今回はインターネットで稼ぐ方法(Webマネタイズ)の本質的なお話です。

 

【ポイント】

現状

→副業解禁、バイトはNG

 

Webマネタイズの本質

―広告タイプ

YouTube、ブログ

課金タイプ

Note、SHOWROOM

手数料タイプ

オンライサロン

物販タイプ

メルカリ、ヤフオク

 

今、どうやってWebでマネタイズするべきか

→影響力が大事

 

最後に

→まずは始める

 

 

 

現状

近年は副業が解禁され、サラリーマンを中心に副業をしている方、考えている方は増加傾向にあります。

身近な副業の例として、アルバイト・投資・起業・いくつか方法があります。

最も再現性の高い副業はアルバイトですが、自分の時間を売り切りしているため、あまりオススメできません。

投資、起業などの方法もありますが、メインの仕事への影響、知識不足を考えるとリスクが高いのでオススメできません。

 

 

 

Webマネタイズの本質

Webマネタイズとは、インターネットの無料サービスを利用して、収益化を図ることを指します。

そのWebマネタイズは、大きく分類すると4つに分かれます。

 

 

 

広告タイプ

自分のコンテンツに広告を掲載し、PV数やクリックに応じて収益化を図る方法

例:YouTube、ブログ(サイト運営)

 

広告タイプのマネタイズは、最も低リスクでスタートできます。

YouTubeへの動画投稿、ブログスタート、どちらもほぼ無料で行えます。

動画編集で有料ソフトを利用したり、サイト設立に伴うサーバーやドメイン取得の際にいくらかお金がかかりますが、何万、何十万のレベルではないので、ほぼ無料です。

Googleアドセンスという広告を掲載するのが主流で、このサイトの広告もアドセンスを利用しています。

 

センスが無い方、ネタがない方でも、しっかりと継続すれば誰でも稼げるのがメリットです。

しかし、収益を得るためにやや時間がかかるため、挫折する方もたくさんいます。

 

このタイプのトップはHIKAKINさんやイケハヤさんマナブさんですね。

皆さん継続した結果、月収何百万の世界になっています。

動画マネタイズの可能性についてはこちらの記事で確認できます。

【今だからできる】5G実用化の前にやっておきたいノーリスクなマネタイズ

 

 

 

課金タイプ

ユーザーに課金をしてもらい、その課金された金額が自分に入ってくる事で収益を図る方法

例:note、SHOWROOM

 

noteはミニブログのようなコンテンツを投稿できるサービスです。

無料で公開が可能ですが、有料コンテンツにして販売を行うことができます。

 

SHOWROOMは動画配信サービスで、視聴者からもらえる有料アイテムを換金するような形です。

顔を出したり、炎上する確率を考えると、わざわざこれをしなくてもいいかなと個人的に思います。

 

noteは最近しゅうへいさんが波に乗っている印象です。

SHOWROOMはすみません、無知です。

再現性を抜きにすると、無料でも遊べるパズドラやモンストは、課金で収益を図っていますよね。

 

 

手数料タイプ

サービス等に参加する際に支払う参加料(手数料)を徴収し、収益化する方法

例:オンラインサロン、サービス運営

 

銀行や仮想通貨の取引所をイメージしてもらうとわかりやすと思います。

銀行はATM手数料など、暗号通貨は取引手数料などで稼いでいますよね。

少し前に流行ったコインチェックはベンチャー企業とは思えない額の業績を叩き出していました。

 

オンラインサロンはネット上で参加交流できる月額制のコミュニティです。

はあちゅうさんがその界隈でわりと有名ですね。

 

 

 

物販タイプ

販売サイト、オークションサイトを利用してオンラインで販売を行い、その売上で収益化を図る方法

例:メルカリ、ヤフオク、BASE

 

“安く仕入れて高く売る=せどり”が流行っていましたが、対策が施されてその人気も徐々に衰退しています。

他にも輸入代行やオンラインショップ設立など、チャレンジしやすいものの、在庫を抱えるリスクがあります。

デザインや商品をつくれる能力がある方は波に乗りやすいですが、リスクを考えるとわざわざ物販をしなくても良いかなと思います。

 

 

 

今、どうやってWebでマネタイズするべきか

 

例えば副業をやる上で、“時間と収入とメインの仕事と並行してできるか”が大きな課題だと思います。

どんなに稼げても睡眠時間を削っては本末転倒です。

どんなに稼げても、メインの仕事に悪影響を与えては並行して行えません。

 

結論として、「何をやるか」よりも「どれだけ影響力を与えられるか」がポイントです。

リスクの高い物販も、有名人が行ったらそこそこ売れます。

有名人がブログを始めると、質が低くてもPV数はそこそこ取れます。

共通している事は影響力です。

 

影響力の与え方については様々な方法がありますが、

→皆が知らない情報を公開する

→ユーザーの問題を解決する情報を公開する

この2つが簡単な方法だと思います。

 

例として、元税務署職員の氷犬さんは転職をしてエンジニアになりました。

転職で畑違いの仕事すること、税金関係のお話など、誰もがなかなか体験できない事・情報を公開されています。

このような事もマネタイズに繋がります。

 

 

 

最後に

結果を残している人は全員継続しています。

始める前に効率、稼ぎやすさ、色々な事を考えると思います。

しかし、まずはやってみる事が1番です。

どんなにクオリティが低くても、継続と結果が自信に繋がります。

 

 

 

PAGE TOP