【HTML&CSS】Progateのレッスンが終了したらTechAcademyの無料動画で学習すべき理由3つ

【HTML&CSS】Progateのレッスンが終了したらTechAcademyの無料動画で学習すべき理由3つ

2019年4月23日
Language skill

こんにちは、ZAKIです。

 

HTMLとCSSを学習する際、最も簡単で楽しく学べるオンライン学習サービスはProgate一択です。

しかし、ProgateでHTML&CSSのコースを学んだだけでは半人前の半分ぐらいのレベルです。

 

より実践的な学習を行うと、スキルも自信が付いてきます。

今回はTechAcademyがアップしているYouTubeの動画で学習する方法をご紹介します。

 

 

 

そもそもProgateとは?

無料で学べるオンライン学習サービスです。

レッスンの難易度が上がると有料になりますが、概要を学ぶには十分です。

僕もマークアップ言語を学ぶ際に、Progateを利用しました。

有料レッスンも受講済みです。

月額980円なので、短期的に集中して学習すればするほど安く済みます。

 

Progateのメリットはこんな感じ

・シンプルで簡単

・無料で学べる(有料コースもあり)

・ブラウザ上だけでなく、アプリでも学べる

 

基本を抑えたレッスン内容なので、学習できる情報量が少ない事がデメリットです。

このデメリットは、他のサービスや動画で学べば解消できるレベルです。

 

 

 

TechAcademyとは?

こちらもプログラミングやアプリ開発を学習出来るサービスです。

Progateと異なるのは有料で学ぶオンラインスクールという点です。

メンターとチャットで質問出来たりするので、独学で勉強するより効率と質は高めです。

 

TechAcademyのメリットはこんな感じ

・1から10まで学べる

・メンターサポートあり

・転職サポートあり

 

最近は無料で学習できるサービスやノウハウがネットに転がっています。

もちろんほぼコストをかけずに学べるわけで、どうしても数万〜数十万の受講料がかかるのはデメリットに感じる人がいるかもしれません。

学べる質や費用対効果を考えると、もちろん安いので、どう感じるかですね、

 

 

 

前置きはここまでです。

 

 

 

「プログラミングを体験してみたい」

「無料で簡単に学びたい」

そんな方は、まずProgateで学習する事をおすすめします。

 

一方で、

「しっかりとプロから学びたい」

「効率よく質の高い内容を学びたい」

そんな方は、TechAcademyがおすすめです。

 

ただ、この記事では”Progateを終えた後にTechAcademyの無料動画で学ぶ”という内容です。

 

 

 

今回の本題は「Progateでレッスンが終わったらTechAcademyの動画で復習&実践的なステップアップをするべき」です。

 

 

Progate→TechAcademyで学習すべき理由

 

・Progateでは学習出来るスキルの質が不足

→簡単に学べるのと比例して学習できるレベルがあまり高くありません。

+αで学ぶ必要があります。

 

・疑似エディタでコーディングを行う

Progateは実際のエディタでコーディングを行うわけではありません。

あくまでブラウザ上で表示されているエディタ風画面にコードを打ち込みます。

エディタの使い方を覚えるためにも、エディタを用いてより実践的に手を動かすことが大切です。

 

・実際にエンジニア目線での解説が聞ける

Progateはスライドで内容を理解できますが、1つめと同様に情報量が少ないです。

(これはProgateのメリットの弊害というか、そういうコンセントなのでしょうがない)

TechAcademyはエンジニアの方の解説を聞けるので、どれがどんな所でどう使われるかイメージしやすいです。

 

ProgateでHTMLとCSSを学習した後、ドットインストールでBootstrapと言われるフレームワークのレッスンに触れてみました。

しかし、「もう少し手を動かしながら復習したほうがBootstrapの理解が深まるな」と思いました。

そこで、TechAcademyの動画を見ながらエディタでコードを書き始めました。

TechAcademyは有料で学習するサービスですが、YouTubeに動画がアップされています。

今回はその動画で学ぼうという話です。

 

 

 

動画はこちら

はじめてのHTML入門講座

はじめてのCSS入門講座

 

実際に動画を見てみると、おそらくTechAcademyのメンターと思われる男性が解説をしながらコードを打ち込んでいます。

目で見て音で理解し、実際に手を動かして学べるので、Progateでの学習よりも実践的です。

Progateでは触れられていないタグの解説もあるので、複数のサービスで学ぶ事で理解度がより深まります。

 

 

 

最後に

僕の場合、最初にProgateでHTML&CSSのレッスンを全て(有料レッスン含む)学習しました。

マークアップについて、基本中の基本を学ぶ事は出来ましたが、「このあとどうすればいいの?」という状態になりました。

次に、ProgateでPHPのレッスンを触れ始めました。

丁度プログラミングの勉強よりも記事を書く事に熱を入れていた時期に始めたので、「うわーこれ無理」となってしまい、しばらくプログラミング学習は放置していました。

 

最近、復習も兼ねてTechAcademyのYouTube動画を参考にコーディングを再開しました。

“基本を何度もやっても意味ないな”と思いながら手を動かしていましたが、新しい事も学べたので、この勢いで次に進みたいと思います。

 

 

 

PAGE TOP