【WordPress Hack】記事を埋め込む時のデザイン(配置・表示)で気をつけておきたい事

【WordPress Hack】記事を埋め込む時のデザイン(配置・表示)で気をつけておきたい事

2019年4月5日
WordPress

こんにちは、ZAKIです。

 

今回はWordPressで記事を埋め込む時に気をつけるポイントをご紹介します。

 

WordPressは、TweetやInstagramの投稿を埋め込む機能があります。

このサイトのトープページも記事を埋め込んでいます。

 

Tweetの埋め込みはこれです


Tweetの埋め込みはこれです。

 

 

WordPressで記事を埋め込む際は、リンクをそのままペーストすると埋め込みが表示がされます。

このカード形式で表示される記事は、アイキャッチ画像のアスペクト比で表示形式が異なります。

 

 

 

【記事のアイキャッチ画像のアスペクト比が1.75未満の場合】

アイキャッチ画像の比率は、およそ4:3ぐらいの比率の画像かなと思います。

この場合、画像が左、本文は右側に表示されます。

※参考にした記事のアイキャッチ画像の比率を変更する可能性があるため、画像で説明します。

 

 

【記事のアイキャッチ画像のアスペクト比が1.75以上の場合】

16:9程度のやや横長なサイズの画像をアイキャッチに適用すると下記のような表示になります。

【求人検索の革命】Google for jobsで簡単に求人を見つけられるようになる

こんにちはZAKIです。       今回は「Googleが求人検索サービスを開…
www.provare.niigata.jp

 

どう表示させるかは好みによりますが、よりユーザーライクな表示がどちらか考えると、僕はこちらの表示のほうが良いです。

このサイトはスマホからのアクセスがほとんどなので、縦長のディスプレイで閲覧する事を考慮すると縦長に構成されてる表示が適当というわけです。

 

 

 

表示形式を変更する方法

この2つの表示形式は投稿した記事で利用しているアイキャッチ画像のアスペクト比に依存しています。

つまり、アイキャッチ画像で利用する画像のサイズ編集を行うと、好みの表示に変更できます。

 

 

 

最後に

数週間前に初めて記事を埋め込んだのですが、埋め込む記事によっては表示形式が異なる事に気が付きました。

ただ、大体の事はネットに載っているので、まずは検索してみる事が大事です。

3〜4 ワードで検索するとほぼ問題解決できるサイトがヒットするので、検索力を鍛えると問題解決のスピードはグンと上がります。

 

 

 

PAGE TOP